水道が水漏れしたときの水道 修理の内容

水道が水漏れしたときの水道 修理の内容 水道からの水漏れをそのままにしていると、水道が本格的に故障する恐れがあります。使えなくなってしまう前に、早めに水道 修理を依頼しましょう。とはいえ、業者に依頼をすると具体的にはどの様な事をやってくれるのか、時間やお金がかなりかかるのか、心配に思っている方は少なくありません。状況によっても異なりますが、水道 修理の内容には、このような種類があります。

■蛇口交換で水漏れを直す

水道から水漏れをする最大の原因としてあげられるのが、水道の蛇口が原因によるものです。水道の蛇口はある程度の年数が経つと劣化する事が多く、水漏れが悪化することが多々あります。水道の蛇口交換をすることで、水漏れがぴたりとおさまるケースが多い為、業者に依頼する際にはこちらをお願いする事がほとんどでしょう。
蛇口交換は業者に依頼する方もいれば、ある程度の知識がある方であれば、ご自身で交換する方もいます。ただし、あまり知識が無い方が交換をした結果、蛇口が破損する、水漏れが悪化するなどのトラブルが発生する場合もありますので、無闇に自分で修理をするよりは、最初からプロに依頼をした方が賢明です。

■給湯器を直す
水道 修理でこちらも多いのが、給湯器に何らかの不具合が起きているケースです。給湯器が上手く接続していない場合、給湯器内部の部品に何らかのトラブルが起きているなど、給湯器の不調を直すことで、水漏れが改善する場合もがあります。いずれもちょっとした原因をいじるだけでOKですので、短時間で作業が終わることが多いでしょう。
こちらの場合もある程度知識がある方であれば、ご自身で直してしまう方も多いですが、下手に触った結果、水漏れが悪化して、給湯器交換をせざるを得なくなる場合も多々あります。また、自身での修理に失敗をした結果大けがをするという危険性もありますので危険です。最初からプロに依頼をしておいた方が安く済ませられたというケースも多いので、分からない場合は無理をせずに、業者の方に依頼しましょう。

■給湯器ごと交換することも

給湯器の修理が出来るタイプであれば良いですが、状況によっては給湯器そのものを交換しないと直らない場合もあります。何年も修理をし続けてどうにかしてきたという給湯器でも、ある程度使い続けていると、経年劣化や給湯器そのものの不具合など、給湯器に本格的なトラブルが起きる原因に心当たりがある場合は、交換するというのも方法の一つです。
こちらが原因の場合は、出来るだけ早く交換を依頼しないと様々な危険があります。ご自身で交換をするという方もいますが、危険ですのでおすすめできません。10年から15年程度利用している給湯器がある場合は特に、いつ不具合が表れてもおかしくないので、交換を検討した方が賢明です。早めに交換をすることで、本格的な水漏れや水回りのトラブルが発生する前に対処することが可能です。

■まとめ
水道からの水漏れ修理には、色々な内容があります。ある程度知識がある方であればご自身で直せるという方もいますが、一歩間違えると大変な事態に繋がる場合もあるでしょう。水道そのものの本格的な故障はもちろん、バルブの損傷により高温の水が噴き出し、火傷などの大けがに繋がることもあります。調子が悪いと思ったら無理をせずに、お早めに業者に依頼することが大切です。
また、業者にも色々な会社がありますので、修理内容や金額面などを比較してから依頼しましょう。同じ修理内容でも依頼する金額が倍以上違う所もありますので、適当に依頼をしてはいけません。もちろん、安ければ良いと言うことでもありませんが、本当に安心して依頼できる業者かどうか、きちんと比較する必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース