水漏れ修理は給湯器 交換することも

給湯器修理を依頼したものの、修理だけでは水漏れが解消せず、給湯器 交換をせざるを得ない場合もあります。例えばこのような場合は、給湯器 交換をしないといけないケースがほとんどでしょう。

■給湯器 交換をしないといけないケースとは?

給湯器 交換で最も多いのが、給湯器内部の金属が劣化しているというケースです。水漏れの原因の多くは、内部に使われているゴムの劣化が原因とされていますが、このゴムは基本的に交換するだけで給湯器修理が完了することがほとんどで、給湯器 交換にまでは至りません。
しかし、ゴムの劣化を放置すると内部の部品にまで水漏れが侵食してしまい、金属部品にサビなどの劣化が生じる事で、給湯器そのものが動かなくなる事態に発展することがあります。交換が出来ない程、全部品にサビが浸食してしまったり不具合が出てしまって、給湯器ごと交換せざるを得なくなるケースが多いのです。
また、水漏れをしておらずとも、金属部分は長年使い続けることで経年劣化してしまうことも、交換をせざるを得ない原因になります。10年以上利用している給湯器がある場合は特に危険ですので、水漏れなどの不具合が出る前に早めに交換を検討しましょう。

■交換をしないとどうなる?

給湯器 交換をしないといけないにも関わらず、そのまま放置し続けた場合、給湯器が故障することはもちろんですが、給湯器から熱湯が噴射するなど、大惨事に繋がる恐れがあります。また、火災などの原因に繋がる事もありますので非常に危険です。大事になる前に、早めに交換するよう心がけましょう。



■まとめ
給湯器修理をしても水漏れなどのトラブルが解消しない場合は、給湯器 交換をしないといけません。そのまま無理をして使い続けると、本格的な故障に繋がるだけではなく、熱湯が水漏れする場合や、火災に繋がる場合もありますので注意が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ